ワークショップの紹介

出前講座では教材を使ったプログラムのほかに、
楽しい参加型の当会オリジナルプログラムを用意しています。


フォトランゲ-ジ 【消費者意識】
 
 子どもが買いものをしているところなど数枚の写真を見せ、自分自身が消費者であり、生きている限り消費生活が続くということを気づかせる。
講座の最初に行い、その日の講座のアウトラインを意識させる。

パネルシアター「ぼくはカイタロー」【環境・商品選択】
 新しいおもちゃを何でも買いたがるカイタロー君を主人公にしたパネルシアター。
自分の生活を振り返り、ものを大切にすることの重要性を流行のおもちゃや 楽しいテーマソングを使って伝える。
   

ワークショップ「プレゼントの値段」【金銭・高学年向き】

 自分がもらったプレゼントの値段が他の生活関連商品に比べて妥当なものか?
値段に見合った使い方がされているのか?をさまざまなデータから検証する。


ワークショップ「みんなでおかいもの」【金銭・低学年向き】

 グループで協力し合い、限られた金額の中でメンバー全員が満足できるような模擬ショッピングを行う。
 「ものを選ぶ・買う」という行為の大切さを気づかせることを目的にしている。
ワークショップ「地球のドクター」【環境】


 今地球はどんな病気を抱えているのか? その治療法は? 
 大玉を地球に見立て、参加者がドクターになって考え、最後には 身近な生活にフィードバックして自分たちに何ができるかを考える。






ワークショップ「おやつ調査隊」【食育・商品選択】

 自分が食べたおやつの容器を見て、そこに多くの情報が書かれていることを知り、食品の安全性、環境との関わりや商品選択の重要性を学ぶ。


マーク de ビンゴ!!【商品選択】

身の回りにある商品の表示や環境マークについて、子どもたちの大好きなビンゴゲームを組み入れて楽しく覚える。
マークがついている実物を見せながら確認を行う。


 おもちゃのインフォメーション【安全管理・環境】

身近なおもちゃを見せ、使い方によっては事故を起こすことを知らせ、安全管理を意識させる。
また、複合素材でできたリサイクルしにくいおもちゃや単一素材のおもちゃを紹介する。


「通信販売」講座プログラム【契約】

2コマ漫画や「CONSUMER PASSPORT」を使い 
注文から商品到着時までの注意点を確認する。
クレームがある場合の対処方法を学ぶ。


「悪質商法」講座プログラム 【契約】

ロールプレイや 「CONSUMER PASSPORT」を使い 契約の成立や悪質商法の手口、クーリングオフの方法を学ぶ。


トップに戻る トップに戻る
 
inserted by FC2 system